>>動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVDプレミアム】<<
転職に成功 又は高給派遣社員になるためには欠かすことのできない
PCスキルを自宅で学べる動画パソコン教室!!あなたの自宅がパソコン教室に!
>>最新のPCスキルを身につけて転職に成功しましょう!!<<





30代40代の女性の転職

女性を積極的に採用する企業が増えてきています。
今の仕事よりももっと自分に合った仕事があるはずとキャリアアップを目指して転職を考える女性が多くなっています。

最近は仕事内容だけではなく、福利厚生制度やその仕事の勤務時間など就業条件をみて転職先を選ぶ女性が多いです。
一昔前は、やりたい仕事、やりがいを持てる仕事を求めて転職する人が多かったように思いますが、世の中の不況の流れや就職難などによって転職に求める条件も変わってきているようです。
転職を希望する女性たちに聞いたところによると、転職したとしても「長期就業したい」と考えている女性が多いことがわかりました。

働く女性に転職を考える、あるいはキャリアを見直すきっかけとなるのはどんなことか聞いたところ、1位はやはり「妊娠と出産」でした。
女性にとって一大イベントである妊娠と出産、企業によっては「産休制度」がないとか「前例がないから取得できない」といったところがあるようで出産後も仕事を続けたいと考える女性が転職を考えなければならなくなるようです。
出産しても仕事を続けたければ、産休制度が整っている会社で働くことが必要となるからです。

2位は「結婚」です。
結婚も女性にとって一大イベントのひとつです。
結婚することによって相手の男性の仕事の関係もありますから、異動や転勤ができなくなるという制約も生まれます。
また結婚すると家のこともやらなければならなくなるため、独身時代のように忙しすぎる職場で毎日残業の日々を送ることはできなくなります。
そのため忙しい職場にいる人の場合、あまり残業がなく家庭と両立できそうな仕事を好む女性が増えてきます。
結婚したからのんびりできる仕事をしたいのではなく、結婚後もがんばって仕事を続けたいから他の仕事に変わりたいというような意思表示をしてネガティブにとられないようにしなければなりません。

女性が転職を考える理由の3位は「育児」です。
やはり女性にとって、「結婚」「妊娠」「出産」「育児」というのはとても大きなイベントで、今までの生活が一変してしまうことから、生活体系を変えていかなければならず転職を考える機会になるようです。
子供ができることで、家庭と仕事の両立が可能となる仕事を求めて、現在の職場で不可能と判断すれば転職を考えなければならなくなってしまうのが女性の現状です。
残業がなく、休日があるなどの労働条件はもちろんのこと、同じような境遇の社員が他にいるかどうかなども転職先の会社を選ぶ際の目安のひとつとなります。
ただし人によって仕事の仕方、進め方などは違うため、自分が理想とするような労働条件、環境で働いている社員がいるからといって必ず自分もそうなれると考えるのは早計だと思います。
制度はもちろんのことですが、子供が小さいうちはすぐに熱をだすなどして体調を崩してしまいます。
そのような状態になり突然仕事を休むことになっても周囲の理解が得られる環境にあることが、子供を抱えた女性が働く上で最も大切なことだと思います。
いかにして信頼関係を築くことができるかも大切なポイントなのです。

女性が転職を考える理由、4位は「転勤や異動を命じられたとき」あるいは「会社が倒産」したときです。
会社の先行きが不安で転職を考える人も多くいます。
また女性の場合、家庭の事情などで転勤できない人も多いので、異動や転勤を命じられてその場所が通えない地であるときなどは転職を考えることになるのです。
女性の場合、特に独身の人であっても自宅から通うのが条件となっている人や、結婚していてその上お子さんがいる人の場合、転居を伴うような異動は難しくなります。
男性と違って、女性が転勤になっても家族がついてくることは難しいのです。
旦那様の仕事の都合もありますし、お子さんの学校の都合など様々な条件が関係してくるからです。

続いて第5位、5番目に多い女性が転職を考える理由は「家業」や「親の職業」などに関係したものです。
実家が家業をしているとか、親がしている仕事を将来的にはつがなければならないという人もたくさんいます。
いますぐに家業を継ぐのではなく、しばらくの間会社で働いていずれは家に入るという人の場合、家業に関係した仕事などへの転職を希望する人もいると思います。
ただし数年後に退社することが、入社前からわかっているのであれば、事前にきちんと会社側にその旨を伝えておき了承を得ておく方が入社後にトラブルになることがないと思います。

次に多い女性の転職理由第6位は「習い事」や「趣味」などを活かした仕事に就きたいと転職を考える人です。
会社勤めをしながら趣味で行ってきた習い事や、新たに取得した資格などを活かして転職を考えるようです。
手に職や資格をもって有意義に働きたいと考える人が多いのです。
しかしながら現実的には、中途採用の場合企業側は即戦力を求めているケースが多いです。
そのため実務経験がない人には、この趣味などを活かしてできる分野においては狭き門となっています。
中でもフラワーコーディネーターのように華やかに見える仕事や人気資格を有するDTPデザイナーなどは経験者からの入社希望だけでもかなりの数が集まるので厳しいと思います。
実務経験がない女性がこういった人気分野に転職を希望するのならば、自分の作品の写真を履歴書に添付するなどしてアピールすることなども大事なことだと思います。


posted by gfvbdvsc at 00:02 | 女性の転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。